Listening to the Light

五感の中で最も情報量の多い、視覚と聴覚、光と音を連動させることで単体では表現しきれない新しい音のビジュアルを表現します。

音が変換機(オリジナル/音楽信号をエネルギーに変える装置)を通ってランプに伝わると、出力の大きさに合わせてランプが光り、明かりは0〜100段階でなめらかに変化します。その特性を生かし変換機で感度調節し、白熱球がきれいに光るところに平均を定め心地よい明滅を楽しめるようにしました。音は低音域、低中音域、高中音域、高音域に4分割し、光らせるランプもそれに合わせ4系統もうけ、音の出力にばらつきをもたせることで、明滅に躍動感を与ました。

このインスタレーションは、見るものに以前とは違った感覚で光を楽しんでもらうことにチャレンジしています。

本来であれば聴覚で得る情報を、視覚で得られる情報に変換することによって、うまれる新しい見解。

あかりが持つ能力を方向転換することにより、違う価値を与えることがListening to the lightの狙いです。

Listening to the light is an interactive art installation by LS in collaboration with Leif.designpark.  The senses of sight and hearing can detect and discriminate almost 94 % of the signals and information coming from our environment.  This installation aims to create new visualizations of sounds by fusing music and lighting.

 

Music is fed through a device that transforms sound signals into electronic energy. The device transforms and heightens the energy, expressing it through light. The use of incandescent bulbs allows the smooth change from 0 to 100 levels to create both mellow and dazzling light. Keeping pace with the volume and tone, the music is divided into 4 registers so the performance of the lighting can express the complexity of the music in detail.

 

This installation engages the audience in a space that reinterprets the experience of sight and sound.  Listening to the Light aims to heighten the experience of listening to music. Engaging two senses at once, it alters the nature of light, providing a deeper understanding of what is heard.